チャレンジする社員へインタビュー

当社に興味をもっていただきありがとうございます。
住まいを支えるタカラレンタックスグループ(TRG)には、
活き活きと個性を伸ばしチャレンジを続ける社員がいます。
そのチャレンジにある想いや目標について紹介します。

このインタビューを通して、
当社の社風や仕事内容を知っていただき、
「自分も一員としてチャレンジしてみたい!」という思いを持った方は
【採用情報】ボタンよりエントリーをお待ちしております。
※写真撮影時のみマスクを外しております。

チャレンジする社員へインタビューvol01のメインイメージ
vol.01 仲介営業部 2011年入社

人の気持ちに応えたいという
チャレンジ精神が私の原動力

お客様に寄り添う想いが
結果につながるうれしさ

仲介営業の仕事は、お客様との対話が求められます。実は私は話すことが苦手でした。ですからTRGへの入社は私にとってチャレンジでした。それでも営業を志望した理由は、人の希望に応える仕事がしたいという想いを持っていたからです。ですから入社以来、接客を学びコミュニケーション力の向上を意識して実践してきました。その甲斐あって接客評価で満点をいただくこともできました。お客様のために自分で考えた提案や行動が結果につながり喜んでくださったときは、この仕事にとてもやりがいを感じる瞬間です。

チャレンジする社員へインタビューvol01の文中イメージ01

「あなたがいるから」と言って
いただける信頼を目指す

住まいを紹介する仕事は、お客様へ期待をこえる価値を加えて最適な提案を行うこと。そのうえで「丁寧さ」は大切です。相手を気遣った言葉づかい・身だしなみ・笑顔、これは信頼への第一歩。どんな知識やサービスも信頼関係があればこそ活きてきます。多くの出会いがあるから、それぞれのお客様にそった丁寧さを常に追求しています。これからも自らを研鑽し「あなたがいるから任せたい」と信頼いただける人になることが私の目標です。

チャレンジする社員へインタビューvol01の文中イメージ02
チャレンジする社員へインタビューvol02のメインイメージ
vol.02 仲介営業部 2020年入社

多様なキャリアパスを描き
成長できる環境がここにある

活躍する先輩女性社員たちの姿が励み

私は様々な知識や経験を得られる企業を探し就職活動をしていました。TRGは仲介をはじめ、管理や法人営業など多岐にわたる総合不動産業を展開しています。キャリアを重ねたときに選択肢が多ければ、多様なチャレンジができると考え入社を決めました。入社して励みに感じたのは先輩女性社員たちの活躍です。笑顔で頑張っている姿、社内表彰を受賞する姿を見て、尊敬すると共に能力で評価される環境が会社にはあると感じました。目標になる先輩を追うことは大変ですが、自らを磨いていくモチベーションになっています。

チャレンジする社員へインタビューvol02の文中イメージ01

初心を忘れず学ぶ姿勢を
持つことが成長につながる

入社してもうすぐ1年が経ちますが、仲介営業には日々発見があり勉強になります。仕事で心がけていることは「初心」と「学ぶ姿勢」だと実感しています。忙しくなるとミスをする事もありますが、そうした時こそ研修で学んだ内容や、上司が教えてくれるアドバイスを意識することが大事です。基本を着実に実践した結果として新人賞をいただきました。先輩たちに近づけるよう一歩ずつステップアップして、尊敬される人として成長していきたいと思っています。

チャレンジする社員へインタビューvol02の文中イメージ02
チャレンジする社員へインタビューvol03のメインイメージ
vol.03 管理営業部 2016年入社

課題に向きあった時間が
結果と成長につながっていく

好奇心をもって専門性を伸ばせる仕事

さまざまな人と接する機会があり、能力を評価してくれる業界で働きたいと考えていました。入社して不動産オーナー様を担当する管理部門の配属になりました。多くの提案を行うため専門知識を学び要望に応えることへの努力はいりますが、課題解決に向けて考えること、知識を高めていくというチャレンジは好奇心が強い私には合っていました。毎日の業務のなかに新しい発見と体験があり、充実感を覚えます。

チャレンジする社員へインタビューvol03の文中イメージ01

楽しさはどんどん創意工夫していくこと

入社当初は正直いって指示をこなすだけで営業力など足りませんでした。しかし先輩の営業に同行しその姿を見ていくうちに、アイデアや会話のタイミングなど創意工夫することの大切さ、面白さを教わりました。そして考えた提案を採用いただいたときは本当に懸命に考えて良かったなと実感します。マンション管理の仕事は、自分で工夫することが好きな人にとって、お客様のためにも頑張ろうと思える仕事だと思います。

チャレンジする社員へインタビューvol03の文中イメージ02